第4回 筑後七国 酒 文化博
須美礼
 
 

喜多屋「純米大吟醸 寒山水 45%磨き」

ちょっと贅沢したい晴れの日に。
みずみずしく軽やかな口当たり、程よく辛口でキレのある後味が人気の純米大吟醸酒。アルコール度数が14度以上15度未満と抑えめで、飲みやすいと女性からも大好評です。
福岡県糸島産の山田錦と幻の酒米・雄町を贅沢に45%まで磨き、低温でじっくり発酵させています。福岡県八女市矢部村の寒山を水源とした矢部川の伏流水で仕込んであることから、寒山水という名が付きました。
和食料理と相性バツグン。是非、お楽しみください。

 
  • 内容量:1800ml
  • 原料米:山田錦60%・雄町40% 45%磨き
  • アルコール分:14度以上15度未満
  • 化粧箱入り
  純米大吟醸 寒山水 45%磨き
 
【ご案内】
  • ・法令により未成年者へのお酒の販売は禁止されています。
    購入される方は、注文画面の「送付先入力」画面にて年齢確認の入力をお願い致します。
  • ・お届け日を希望する場合は、注文日の4営業日以降〜1ヶ月後までを、注文画面「送付先の入力」の備考欄にご記入下さい。
    配達地域によっては、お届け希望日に対応出来ない場合がございます。この場合はご連絡させて頂きます。
    銀行振込でのご注文はご入金日を注文日とさせて頂きます。

【年末年始休業等について】
  • ・年内配送受付:12/27(水)注文まで
  • ・年末年始休暇:12/28(木)〜1/4(木)
価格 : 6,246円(税込)
数量
 
  • 喜多屋

    九州一の穀倉地帯筑紫平野の南部、山紫水明の八女市に文政年間(1818〜1830)に屋号「喜多屋」で創業。
    「喜多屋」とは、創業の際「酒を通して多くの喜びを伝えたい」との志のもと名づけられたもので、今日まで企業理念の根幹となっています。一貫して大吟醸酒・純米酒等の特定名称酒を始めとする日本酒の酒質向上に力を注ぎ、海外への輸出も平成8年から米国に始まり現在17カ国に。
    平成23年に米国で純米大吟醸 寒山水がサンフランシスコ・インターナショナル・ワインコンペティションで最高位ダブルゴールドを受賞。平成25年にはロンドンで開催のIWCで大吟醸 極醸 喜多屋が世界一チャンピオン・サケを受賞しています。

  • 幻の酒米・雄町

    酒造好適米の代表格である山田錦や五百万石のルーツ。今から100年以上も前の江戸時代末期に、岡山市中区雄町で発見されて以来、現在もなお栽培され続けている最古参の品種。
    背丈が高く病害虫に弱かったため、栽培が難しく生産量が徐々に減少していきました。一時は入手困難になる程の危機を迎えたため、幻の酒米と呼ばれるように。
    近年、復活を熱望する岡山県の酒蔵を中心としたグループの努力によって生産が復活しました。
    雄町で造った日本酒の魅力といえば、ふくよかでまろやかな旨みと芳醇でコクのある味わい!雄町のお酒をこよなく愛する人々を「オマチスト」と呼ぶくらいのブームにもなっています。日本の酒造りの真髄を江戸時代から脈々と継ぐ喜多屋が醸した雄町の日本酒、ぜひ一度ご賞味ください。